小説家になろう, 小説紹介

闇ギルドのマスターは今日も微笑むあらすじ

僕はとある闇ギルドでマスターをしている。
ギルドの構成員は僕含めても10人と少ないが、皆僕の娘のような存在で仲は良い……と思う。
闇ギルドということであまり目立たないように活動し ...