読者を意識した語り手「アクロイド殺し」を読んだ。

挨拶

昨日の記事内で混ざった雑念通り、アクロイド殺しについて書いていきます。かなり有名な小説ですが、やっぱり傑作です。

書評

アガサ・クリスティー作品の中でも随一の知名度を誇るのではないかという作品。そしてその知名度は他の作品とは異なり「誰が犯人であるか」と言う推理小説で最も事が、読んだことが無い人でも知っている少し特別な作品でもあります。

もし貴方が推理小説に興味があり、尚且つこの小説の犯人が誰かというのを全く知らないのであれば、それは全くもって幸運です。ぜひこんな書評を読んでいないで購入数るなり、図書館にいってみるなりして読んで見るを強くお勧めします。決して損にはなりません。

もちろんそれ以外のアクロイド殺しの犯人を知ってしまったけど読んでいないという方でももちろん楽しめるでしょう。

私は犯人が誰であるか知っていて読んだのですが、読んでいる途中で「あれ?どうなっている?」という疑問が少なくない回数頭をよぎりました。それほどまにこの小説は匠な記述のされ方であり、その技巧で散りばめられた証拠をいわゆる推理パートで探偵が繋げていく様は当に傑作だと思うほどです

終盤は本当に背筋がゾワゾワするような勢いと奇妙な読了感があり、このためだけに小説を読む価値があるといっても過言では無いほどです。これは既に犯人がわかっていてもわかっていなくても同じように楽しめると私は思います。

ネタバレしない様に少しデータ多めの書評となりました。

次の書評は歴史を取り扱った本になります。