全知全能たりえぬ主人公「異世界旅行者の冒険記」を読んだ。

異世界旅行者の冒険記

あらすじ

異世界を渡り歩く男が転移した世界での物語。

1つの願いを叶えて貰った男は、神からの依頼を受け異世界を巡る役目を担う。
異世界に必ず1つあるという力を求めて、異世界を渡る。

異世界から異世界へ渡る為に必要な事、それは
人々の記憶から消される事。どんなに立派でも、親友がいても、愛する人がいても、
男の記憶は一切残らない。

今度の世界は
異能を使う未来か
理論武装した現代か
剣と魔法のファンタジーか

男の役目には名称がない。だから自分で決めた。
異世界を巡り旅をする者『異世界旅行者』と

基本情報

種別:完結済み小説
ジャンル:ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載開始日:2017年 10月15日 15時31分
キーワード:R15 残酷な描写あり 異世界転移  オリジナル戦記 冒険 男主人公 魔王 勇者 魔法 亜人種 奴隷 亀進行 主人公最強 登場人物TUEEE ハーレム OVL大賞4 ネット小説大賞六感想

主要登場人物

  • マコト=レイトバード――神々の力を回収する旅人であり真の勇者。黒髪黒目。世界間を旅する21歳?
  • アレシア=ベイウッド――天啓の勇者。右手の甲に紋章を持つ。
  • ミリアル=バーラント――緑色の髪と目を持つエルフ。
  • グレン=██████――物語終盤で名前と意識が登場。

感想

ようやく紹介依頼を貰ってた作品を紹介できる余裕が出てきました。書籍の書評もドンドン書いていけると思います。

そんな訳でこの作品を紹介していくのですが、この作品は世界間を飛び回る系です。

異世界転移系のお約束と言えば超常的な存在が異世界に転移させるか、異世界の人々が勇者を召喚するのが一般的な昨今のなろう界ですが、いっそ異世界転移させるなら主人公自体が転移できる様にしようと思う方って意外と少ないですよね。

といっても、そういった世界を旅する系の作品が無いという訳ではないのでもし書こうとすると、テンプレートというほど浸透している訳でもありませんし、何か工夫する必要があるタイプの設定ではないでしょうか。

ではこの作品はどうなんだと言うと、異世界の転移といっても読んでいくと何やら主人公ですら知らなかった事情が見えてくるというとても凝った作品となっています。

主人公も最強とはなっていますが、決して戦うだけの作品ではなく人間関係や伏線など戦闘以外の所に着目して読むのが面白かったです。

ですが、そういった設定を凝った作品であるが故に最初の方を読んでそこで止めてしまうと物語の良さが十分に伝わらない作品でもあります。ぜひ最後まで目を通してみてください。

 剣と魔法のファンタジー、異能力が存在する、学生が異常な権力を持っている、など世界は無数に同時に存在する。

その世界には必ず1つ神の力を宿すモノがあるという。それを手に入れた者は世界を変える程の力を手に入れる。

手に入られる者は適合者と呼ばれ、適合者以外がその力を見つけても、道端に落ちている石の様に気がつかない。

プロローグより