最強のドラゴンさん「転生ドラゴンさんは、今日も異世界を元気に過ごしております」を読んだ。

転生ドラゴンさんは、今日も異世界を元気に過ごしております

あらすじ

予定外の事故で死んでしまった俺は、どうやら転生できるみたいです。しかも、転生特典みたいなのもお願いしたらもらえるらしい。別に俺は最強になりたい訳でもないし、戦闘も好きじゃない。だけど、寿命いっぱいまで大往生はしたい。……あっ、そうだ。これをお願いしておいたら、どんな世界でも大往生できるんじゃないか? そんな人間に生まれると思っていたらドラゴンで、しかも軽いノリで決めた力で竜王なんて呼ばれる存在になってしまった、転生ドラゴンさんの異世界日常的なお話。

基本情報

種別:短編小説
ジャンル:ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載開始日:2015年 08月26日 05時45分
キーワード:異世界転生  ドラゴン転生 ほのぼの 魔法 友情 自由人の巣窟 無敗の竜王(勘違い)

主要登場人物

  • 竜王――元人間。予期しない死によって竜に転生した。死亡原因が決定している。
  • ダチ――主人公の友人。世界最高峰の魔法使い。
  • 神――主人公を転生させた神。

感想

今日は短編小説の紹介です。文量にもよりますが、短編小説の場合はストーリー紹介すると、作品の内容の前半を要約した物になってしますんですよね。

 

特にこの作品の場合はあらすじが書かれている短編小説なので、今回はストーリーの紹介は行いません。

なので私の感想でも長々と書こうかと思ったのですが、それよりも小説家になろうで長く作品を読んでる方ならば興味を抱いてくれる言い方を思いつきました。

この作品は「子どもが書いた冬休みの作文が、SFすぎる件困ったので、とりあえず友人に相談してみた ~世界は食事処で動く~等の短編小説でおなじみのAskaさんの短編小説」の一つです。

もし、例として出したこの2つの作品を知らないという方がいらっしゃいましたら一緒に読むことをオススメします。

この作者様の傾向としては、コメディ系の作品の評価が高く、ハッピーエンドを好んでいるといった感じでしょうか。

また、付け加えるならば一風変わった世界観や設定が人気出るという事も重要かもしれません。

これらの特徴はこの作品にも当てはまっています。

文量も多くもなく少なくもない絶妙な感じです。世界観的にも文量的にも手軽に読める作品です。ぜひ読んでみてください。