マニアックなモノ視点でのコメディ「女神『異世界転生何になりたいですか』 俺「勇者の肋骨で」」を読んだ。

女神『異世界転生何になりたいですか』 俺「勇者の肋骨で」

あらすじ

あまりやる気の無い女神、あまりやる気の無い主人公。
異世界転生のシステムも最近は忙しくまともな転生先は選べない。
そんなわけで何になるのか、それを決めるのは友人とこれを読んでいる君だ!

※不定期更新、毎日書いている方のシリアスシーン中にギャグに走りたくなったらこちらで書きます。
お題を元にショートコントをさせる大喜利みたいなものです。
お題投稿者の方で名前出しNGの方は記載をお願いします。
なお純粋な感想だけもお待ちしております、感想の数だけお題だといずれ力尽きますので。
むしろ普通の感想もください、切に。

2017/12/11 20話までのお題が入りましたので以後はストックと言う形を取ろうと思います。
ストック中から抽選してお題をこなしていくと言う形となります。
お題が貯まりすぎていつ作品化されるかもわからない状態を解消する為の措置となりますのでご了承ください。

基本情報

種別:連載小説(連載中)
ジャンル:コメディー〔文芸〕
掲載開始日:2017年 11月29日 15時53分
キーワード:R15  異類婚姻譚 年の差 オリジナル戦記 日常 ホームドラマ ミステリー サスペンス 怪談 サイコホラー 異能力バトル ヒーロー スパイ 冒険 ネット小説大賞六感想

主要登場人物

  • 主人公—おもしろ人間。
  • 女神—女神。

感想

会話率100%で、登場人物が二人だけの

描写なんて台詞任せの掛け合い小説です、これを小説と言ってはいけない気がする。

第一話:『勇者の肋骨』より引用

な小説です。

一話一話が基本的には独立しており、ショートショートと思っても良いのではないでしょうか。

主人公が女神と雑談をする所から始まり、他に転生しようとする人が居ないようなモノ(有機物や無機物、人体の一部問わず)に転生をします。転生先での主人公の様子は丸々カットされますが、主人公が女神と雑談していた場所に戻り、女神に転生先の報告する時に、主人公の口から詳細に語られる形で事細やかに描写され、転生先のお土産を女神に渡されます。これが基本的な流れです。

全体を通して非常にユーモアにあふれています。

主人公の転生先は読者の方々のリクエストで作られているのでぜひ、読んで気に入った方は応募してみては如何でしょうか。

リクエスト内容は飽くまで極端な身内ネタは避けるなど、ある程度良識のある内容にするべきだと言うのは言うまでもありませんね。主人公がSCP-504になったらとか面白そうですが、我慢我慢。ああ、それとは別に何故か現代系のリクエストは極めて少ない様ですが、禁止されている訳ではなくリクエストの「トラックの運転手」がストックとして採用されていたりするので問題ないようです。

とても面白い作品でした。おすすめです。

「宝箱は喋りませんからね」
『黙りなさい錠前』

第七話:『宝箱に付いてる錠前』より