主人公が「錬金術」を使う小説家になろう作品4つ紹介

2015/04/01

賢者の錬金工房~田舎で始めるスローライフ~

http://ncode.syosetu.com/n7811co/
天才錬金術師の「トウル=ラングリフ」は上司によって国の中でも北に位置し、雪の降る村であるカシマシキ村に左遷される。そこで主人公のトウルは孤児である「リーファ」の保護者兼師匠として一ヶ月後の博覧会まで這い上がって中央に戻るのを目標に頑張っていく物語。

この作品の錬金術は設備が必要で万能では有りません。
こんな雰囲気の書道家のアニメがあったような・・・?

悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ

http://ncode.syosetu.com/n9055cl/
神薬『悠久の雫』を偶然、作るのに成功し服用することで不老の体を得た「アズリー」と気づかぬうちに神薬を飲んでしまっていた使い魔の「ポチ」と一緒に約2百年間、外界と隔絶してダンジョンにこもっていた生活から脱却をしデメリットしかない「愚者」の称号を取り払う事と最難関ダンジョン「魔王の懐」の攻略を目標にしながら旅をする物語。

生まれ変わって錬金術師

http://ncode.syosetu.com/n7704ch/
死んでしまった主人公の「ケール」(転生後の名前)は名前を忘れ神が恐れ、運命を覆す力をもつ謎の人物に調和をもたらす英雄を殺す事を条件に生き返らせてもらう。謎の人物に振り回される物語。

最初からきな臭い匂いが満載の物語ですが、「notシリアス」らしいです。

薬屋さんの錬金術師

http://ncode.syosetu.com/n5298cm/
ギフト(神から送られるスキル)での『錬金術』が科学による「錬金術」に追いつかれギフトの『錬金術』が使えないギフトとして世の中に周知されている中、主人公の「ユリト=アルミス」は人より多い魔力を使い、使える錬金術の種類を増やしてこうと努力しながらも途中から弟子を育てる物語。

登場回数はそこまで多くないのですが、主人公に好意を寄せていたキャラクターが王子に盗られるという展開でNTR展開があるので気をつけてください。

まあ、あくまで主人公が成り上がっていく様な話の中からキャラクターがフェードアウトする展開の一つだと考え割り切れる程度だと自分は感じましたが、人によって感想は変わるかもしれません。
だいぶ作者さんは精神がやられてみたいですが、楽しんでいる人もいるのでがんばって続けて欲しです。


今後、小説紹介数を減らしたり、アプリの無料セールが多くなるかもしれません。

-小説家になろう, 小説紹介
-