主人公が「魔王」で善人の小説家になろう作品を3つ紹介

2015/04/01

世界で一番まおうさま -魔王兄妹ちぐはぐ奮闘記-

http://ncode.syosetu.com/n4703cm/
転生した世界で農業に目覚めた魔王ゾオンとその双子の妹アストリアの物語。

主人公が十三歳のときに勇者が力をつけ父である魔王ゼグスが倒される。しかしゾオンとアストリアは、大魔王エルドアーダが作ったと言われる迷宮に逃げ込み事なきを得る。
迷宮の中でゾオンは大魔王から力を授けられ、父の死に際の声を聞く。
迷宮から出てみると街は壊滅状態ではあったが、生存者が残っていたため復興に力を注ぎながら野菜を愛情を持って作っていくというお話。

この作品は妹が復讐に燃えているのに、兄が野菜づくりに精を出しているというギャップが面白かったです。記事投稿時18話投稿中。

魔王の村長さん

http://ncode.syosetu.com/n8817bu/
高度なAIが搭載されている一人用VRゲーム「モントモ!!~新たな人生をモンスターと共に~」で村長として楽しんでいた「藤沢 翔」だったが、突如ウィンドウの文字化けやVR空間の歪みが発生し、強制ログアウトを実行しようとしたら、異世界に無一文な上アイテムが無くなっているという状態で仲間の村民(モンスター)と降り立つ。降り立った後は廃村を利用して生活していくといった話。

村民には亞人から天使まで居るというカオスな顔ぶれだが、人物紹介のベージもあるのでデメリットにはなっておらず登場人物が判らないということは有りませんでした。記事投稿時20話投稿中(人物紹介含む)。

魔王ゼーレの星雄譚

http://ncode.syosetu.com/n9368cn/
かつて最強だった「光帝」のゼーレ・ヴァイゲル(偽名:ヴァイゼ)が「人魔大戦」勇者ライト一行と戦い、勇者ライトと相打ちになって死んだはずだった。
しかし気がついたら魔界から人間達の世界で料理店に拾われてみると、強力な魔眼も魔力もほとんど失い、光帝が持っていたのは、かつて様々な魔王が欲した究極の魔法書「アトラスの叡智」と「心」を取り戻したことだけ。
他の魔王と情報を交換したり、人間を助けたりしながら何故、昔「心」が無かったのかといった謎を解いていく物語でした。

主人公の他にあと6人の魔王がいるのですが、物語の早くから接触したり敵対しそうになっていたりと、キャラクターの書き方が上手な作品だと思います。記事投稿時15話投稿中。

-小説家になろう, 小説紹介
-