料理&勉強「夕食同盟!」を読んだ。

夕食同盟!

あらすじ

人生には、岐路というものが存在する。いや、岐路しかない、と言ったほうがいいのかもしれない。
例えばそれは就職だったり、結婚だったり、……進学だったり。
でも、それが一体どう転ぶかなんて、誰にも分からない話で。

「じゃあ私たち、これから夕食同盟だね!」

この物語は、食べること料理すること大好き、職業浪人生な十八歳、瀬川 達也(せがわ たつや)が送る、大鍋いっぱいの恐怖と焦燥と混沌……ではなく。
夢と希望と美味しいご飯で彩られた、人生をほんの少し変える、寄り道を綴ったお話。

基本情報

種別:連載小説(完結済み)
ジャンル:ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載開始日:2017年 04月23日 01時02分
キーワード:日常 青春 料理 浪人生 幼馴染 ほのぼの ネット小説大賞六感想

主要登場人物

  • 瀬川達也――主人公。高校生だったが、浪人生となる。趣味は料理。
  • 鳴海彩菜――主人公と古くからの友人。料理嫌い。大学生。
  • 鳴海莉愛――彩菜の姉。留学経験あり。准教授。

感想

ちょっと時間が取れたので紹介依頼作品を紹介します。

この作品は完結しています。ですが、少し他の作品と比べると異なっている――極端に言えばなろう受けしない――要素があるのでまずはソレについて記述しておこうと思います。

皆様が読んでいる小説家になろうの作品は文書媒体の本では見られない様な特徴があるのはご理解頂けると思います。それらはなろうで流行った作品をオマージュしたものであったり、何故かわからないけど慣習となっているもの、インターネット全体での特徴等に別れます。

その中でも特に有名な物に「文中に空行を入れる」という物があります。

こんな感じで一太郎が意識するくらい有名です。なろう以外ではブログとかでよく見ますね。

これは可読性を上げる比較的実益的なものですが、この作品ではこれが有りません。別に無くても問題はありませんが、このタイプの作品は滅多にランキングには上がって来ないんですよね……

内容自体も会話率が高く、会話の合間に地の行を入れた方が読みやすく成るとは感しました。また、設定自体も有り触れたものであり新鮮味が有りません。

なので全体を通しての感想としては、必要な情景描写は出来ているけど、小説としてはあと一歩といった感じです。

物語の最初から最後までが一年であり、主人公が大学を落ちてから二度目のアタックをするまでとなります。その過程で作られた料理とそれを囲む食卓を8つ取り出したものがこの作品となります。

料理よりもそれを囲む食卓、人間関係が多く描写されているのが特長的でした。

しかし、料理自体も主人公達が行っているため料理をする人ならば共感できる様な事もあると思います。

-小説家になろう, 小説紹介
-, , ,