作者の魂の慟哭を詩にしたためた「ブクマ外しの悲しみを全世界に訴えるうた」を読んだ。

ブクマ外しの悲しみを全世界に訴えるうた

あらすじ

我が魂の慟哭を詩にしたためてみました。

※感想欄が本体になってきました。みなさんありがとうございます※

基本情報

種別:短編小説
ジャンル:詩〔その他〕
掲載開始日:2017年 12月15日 10時10分
キーワード:妖怪ブクマ外し って言うけど 外したのは人間 もちろん展開に問題が あったんでしょう 自分的には神展開 だったんだけどなぁ 止めどなく剥がれゆく ブクマ=HP あなたは耐えられる?

主要登場人物

感想

1月3日つまりこの記事の前日ですが、珍しく小説紹介以外の記事を投稿したのですが、それを読んだ人はいらっしゃるでしょうか。

どんな記事か気になる貴方にはこちら『小説家になろうの作品が更新されたのを確認する方法あれこれ』をどうぞ。

この記事のメインは、小説家になろう標準機能であるブックマーク機能ではなくそれ以外の方法で更新を確認する方法の紹介を重視したものです

もう一度この短編小説のタイトルを見てみましょう。

『ブクマ外しの悲しみを全世界に訴えるうた』

はい。そして、この小説は多くの作者様がレビューや感想を書いており、それを一言で纏めるとこうなります。

めっちゃワカル

つまるところ、作者様方にとってブクマが一つであろうと増えるのはとても嬉しい事であり、その喜びの感情がなくなることで強い虚無感に近い感情を抱くというこの作品の内容がかなり共感を得ています。

昨日の記事の方法でブックマークを必要としない快適な小説家になろうの読者生活を送れるでしょう。

しかし、それは作者にブクマがつくという喜びすらも与えないものです。また、ブクマを付けておく必要が無いので、ブクマを外す原因にもなるでしょう。

ですが、もし貴方がその作品を面白かった、続きが読みたいと思っているのであればブックマークをしない、外すというのはお勧めできません。

そう思っているのであればぜひ、一手間かけてブックマークを付けてみてください。そうする事が私達が作品を継続して読む為にできる数少ない事だと思います。

余談ですが、少し前に「更新したらブクマが減り、休んだらブクマが増えた」って話を聞いた記憶があります。更新している間はスマホのタブで読み、更新が滞り始めるとブクマに入れるって人が一定数いるのかな?とか思っているのですが本当のところどうなんでしょう。

-小説家になろう, 小説紹介
-