ライトな戦国歴史モノ「異世界帰りの勇者が戦国時代で無双する ~秀吉がいないなら代わりに俺が天下取る~」を読んだ。

異世界帰りの勇者が戦国時代で無双する ~秀吉がいないなら代わりに俺が天下取る~

あらすじ

異世界に勇者として召喚された菅原翔太(ショウタ)は魔王を討伐し、元の世界に帰還したはずだった。
しかし、そこは戦国時代の京の都、いきなり本能寺の変に巻き込まれてしまった。
どうやら、この世界の秀吉は若い頃に死んでしまったらしい。このままでは歴史の流れが変わってしまって俺のいた時代には戻れないらしい。
それならば俺が秀吉の代わりに天下を取ってやろうじゃないか。異世界での勇者としてのスキルはそのまま使えるみたいだからな。その後は、家康にまかせるからよろしく頼むぜ。

ヒロインは第一章の終わりまでお待ち下さい。

※当時の習慣とは違い、ほぼ武将名は現在一般的に使われている名称を使ってます。また会話が現代調なのは主人公の異言語会話スキルでわかりにくい言葉が勝手に翻訳されるためってことにしておいてください。
時代考証は、ほぼ気にしてません。

基本情報

種別:連載小説(連載中)
ジャンル:歴史〔文芸〕
掲載開始日:2017年 12月21日 12時16分
キーワード:IF戦記 時代小説 戦国時代 勇者 本能寺の変 秀吉

主要登場人物

  • 菅原翔太---現代日本から異世界に渡り、戦国時代の日本に移動した元勇者。魔法が使える。

 感想

今回はこのブログにとって珍しい、歴史モノの紹介です。

といっても、この作品、他のジャンル:歴史〔文芸〕作品と比べると変わり者です。なんと主人公が戦国時代でグリフォンを呼んだり、ステータスで相手の名前と身分を確認したりします。

なかなか新鮮なストーリーですね。

この主人公が戦国時代にいるのは、あらすじにも書かれている様に秀吉が死亡して歴史がねじ曲がっているのが原因なのですが、ではそもそも何故秀吉が死亡しているのかというのは未だ言及されていません。

普通に女神とかが登場しているので、何かしらの神や異世界による異常事態が発生しているのが推測できますが、そこは今後の展開がどうなって行くかのポイントですね。

ああ、あと意外と直ぐに大名とか出てきます。ビックリするくらい歴史に正面から干渉していくので、展開は早かったです。

普段、ジャンル:歴史を読まない人にお勧めの作品でした。

 秀吉の代わりを見つけるか、それとも俺が秀吉の代わりをするか。
天下統一ってやつをどうにかしないといけないんだろうな。
菅原翔太すがわらしょうたおよそ十八歳(十六歳で異世界転生して二年経ったからおよそそのくらい)、まだまだ元の世界に戻る日は遠そうだ。
1-2 どうして秀吉がいないのさより

-小説家になろう, 小説紹介
-, , ,