未熟な魔物と若い冒険者の交流「灰色のハーピー」を読んだ。

灰色のハーピー

あらすじ

群れを統べる女王の子なのに、生まれながらの欠点を持つ雛。
灰色の羽毛を脱ぎ捨て“大人”になれない事を悟ったある日、とうとう住処を離れる事になるが、雛が生きていけるほど世界は優しくなく、ついには力尽きて倒れてしまう。
――が、それを助けたのは、よりにもよって魔物の天敵である"人間の冒険者”だった。

頼んでいないのに保護された灰色ハーピーと、傷が治るまで面倒を見ようと意気込む冒険者の青年の、ベタな異種間交流話。

基本情報

種別:連載小説(連載中)
ジャンル:ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載開始日:2017年 12月02日 13時56分
キーワード:異種間交流 異種族 モンスター 魔物 人外主人公 人外 ハーピー ほのぼの not転生

主要登場人物

  • リア---女性の頭と上半身を持ち、両腕と下半身が鳥であるハーピー。灰色の羽根を持ち、生肉を食べることができない。また、ハーピーとしては戦闘能力が低い。
  • グレン---若い冒険者。リアを拾う。

感想

まだまだこれから話が膨らんでいく、序章の物語でしたが中々おもしろい作品でした。

具体的には、主人公がハーピーであり、人間の知識を全く持ち合わせていない事や、魔物としての能力が低くて使い魔という様な人と魔物の関係では無いといった所です。
どこかに似たような作品はあるかもしれませんが、探すとなると難儀するタイプですね。そういった作品は往々にして読んでいて面白いものです。

一応は女性主人公の作品には成ると思います。

また、この作品は主人公の一人称視点で話が進んでいくのですが、他の作品とくらべてかなり情景描写が豊富で主人公の心情も詳細にかかれているのが特徴です。
なので一話一話が少し長めで、今段階では5話までしか投稿されていないものの、それなりのボリュームがあります。
一話一話を流し読みする人よりかはじっくり読んでいきたいなというタイプの人におすすめです。

主人公のリアは今の段階では人語を理解は出来ても話す事はできないので、今後の展開でどいう人間の社会に慣れて人語を操ったりはできるのかが注目です。

主人公人外系が好きな方にオススメです。

 艶やかな紅色。凛々しい鳶色。輝くような金色。可愛らしい薄桃色――夢見たところで、もう、叶わない事だが。

灰色の私が、たった一人でこんな綺麗なところへ来られたのだ。最初で最後の冒険が出来て、誇らしい――。

01より

-未分類
-, , , , , , , , ,