「魔王様にクソリプ飛ばすのやめてください!」を読んだ。

2017/12/11

魔王様にクソリプ飛ばすのやめてください!

あらすじ

【666代魔王ヴィングラウド @666vin】
【魔王です。好きなもの→恐怖と絶望。嫌いなもの→調子にのった人類。人間界征服計画を発信していくので、ギルド・リマジット・ブレイブお願いいたします! 人間界滅びの速報を人類全体で共有しよう!】
【現在地:幻夢魔城ガランアギト】

140字の短文形式で情報発信を行う、魔導ツール・マジッター。
人類を情報によって絶望させるべく、アカウントを開設した第666代魔王ヴィングラウド(金髪美少女)。
だがしかし。
そんな彼女の前に立ち塞がったのは、魔王すら上回る途方もない邪悪の数々であった。

【@666vin もっとアヘ顔で言ってくれ  勇者アレン@はがねのつるぎ装備中】

「んクソリプッッッッッッッッ!!!!」

がんばれ魔王!
まけるな魔王!
発言の度に襲い来る、しょうもないを通り越してなんか怖い返信(クソリプ)に負けず、人類を絶望させるアイディアを練れ!

※今作は【カクヨム】にも掲載しております。

基本情報

種別:連載小説(完結済み)
ジャンル:ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載開始日:2017年 12月06日 14時20分
キーワード:ギャグ 魔王 四天王 勇者 三人称 ツイッター ほのぼの ライトノベル 魔法

主要登場人物

  • ヴィングラウド---666代魔王。天然気質がある。金髪美少女。
  • ズモカッタ---百妖元帥。多分偉い。悪魔(ダブルミーニング)。

感想

明日の6:30更新分どうしようかな〜と12月10日の小説家になろうを眺めていたらタイトルに吸い寄せられました。

素直な女の子が、自らの無知の為に全世界に恥を晒してしまうという内容で、読み終わった時にはインターネットリテラシーってとっても重要だなって思うことでしょう。
全体を通してユーモアに溢れ、軽い感じで読める作品でした。

短編小説の様に気軽に読むことが出来てお勧めでです。

只一つ謎なのが、最後の2つの発言(?)は誰が行ったかと言う事なんですが……多分フレーバーテキストです。

「文面はいかがなさいますか」
「『いえーい ソッコ丸焼き、おまえら大泣き』」
「なんたる呪詛濃度。歴戦の大神官でも解呪不可能。では、アップ」

-小説家になろう, 小説紹介
-, , , , ,