呪いのある青春物語「幼馴染に呪われて」を読んだ。

幼馴染に呪われて

あらすじ

有原コウには幼馴染がいる。犀川シズク。同い年、同じ大学に通う彼女は、冗談ではなく、比喩でもなく、きわめて現実的、客観的に表現して超能力者である。スプーンを曲げたり、手を使わずに物を動かすことはできないが、ちょっとした未来が見えて、がっつりと人を呪える。
幼い頃、秘密を打ち明けられたコウは、手伝えることがあれば何でもすると約束した。

そしてそれ以来、コウは週一で呪われるようになってしまったのだった。

基本情報

種別:連載小説(連載中)
ジャンル:現実世界〔恋愛〕
掲載開始日:2017年 08月27日 06時49分
キーワード:日常 青春 ラブコメ 幼馴染 ギャグ

主要登場人物

  • 有原コウ---一般的な大学生。幼いころから犀川シズクと親しくしている。
  • 犀川シズク---呪いを操り未来を覗く女子大学生。有原コウ以外の交友は少ない様に見える。

感想

特になんの能力を持たないコウが特殊な能力を持つ幼馴染のシズクに、「未来の不幸を未然に抑えるため」という理由の下、呪いを掛けられながら大学生活を満喫する。といったストーリーでした。

主人公が呪いを掛けられている理由が本当であるか?という事は呪いを掛けているシズク以外は知りえるものではなく、それが所々で主人公の交友関係、主に女性との交友に影響を与えている様なのが見られる辺りがジャンル通りでした。

「……洗濯バサミは?」

と、俺は訊いた。

「ウナギの豊漁」

「……惜しいな」

「第2話 大事なアレが呪われて 後編」より

-小説家になろう, 小説紹介, 未分類
-, , , , ,