異世界転生で神童に「第二王子なんて、こんなもんですって!」を読んだ。

2017/12/08

第二王子なんて、こんなもんですって!

あらすじ

 国王にはなりたくない転生王子による、自堕落系異世界改革ファンタジー!
二十歳を迎えた大学生の男は、初めての酒に酔って階段で転んで死んでしまう。中世ヨーロッパ風の異世界に第二王子として転生したが、優秀な第一王子はいるし、貴族たちも想像と違い腐敗していない。じゃあ、気楽に生きても良いだろう。特別な才能もチート能力もないけれど、王子としての権力と現代知識を使って、毎日楽しくやっています。これは、そんな第二王子ヴァイス・ジーク・フォーラル・ローラレンスの世界の命運とは関係ないお話である。

※第一章完結までは、毎日22時10分~20分に投稿予定。

基本情報

種別:連載小説(連載中)
ジャンル:ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載開始日:2017年 11月25日 22時12分
キーワード:R15 残酷な描写あり 異世界転生  シリアス ほのぼの 男主人公 西洋 中世 内政 魔術 現代知識 第二王子 ネット小説大賞六感想

主要登場人物

  • ヴァイス・ジーク・フォーラル・ローラレンス---地球からの転生者。神童と呼ばれるが、理知的に子供の様に振る舞う。第二王子。
  • アルトリウス・ハルト・フォーラル・ローラレンス---国王
  • リリア・カナ・フォーラル・ローラレンス---王妃
  • ハインツ・フリード・フォーラル・ローラレンス---主人公の兄。第一王子。
  • レイナ・マリーナ・フォーガス・ユグドーラ---主人公の乳母マリアの娘。ヴァイツと婚約する事となる。
  • カリン---女官。貴族令嬢で仕事が出来る。橙髪橙眼。主人公の世話を担当する。
  • アリア---女官。恋愛小説に憧れるムードメーカー。銀髪蒼眼。レイナの世話を担当する。

感想

簡単に紹介すると、転生した主人公が第二王子という立場の元、魔法を研究したり、日本との相違点を探しながら自らのことを慕ってくれるレイナという少女と共に夢と希望にあふれる世界で努力する感じの王道な感じでした。

まあよくある主人公と同じ年齢の子供が頭良すぎて「○歳児ってこんなに達者な思考だっけな?」っていうのは感じましたが……え?ファンタジーでそんな無粋な事考えたことがない?じゃあ置いておきましょう。

読んだ感じでは作者様はしっかりと世界観を考えて作っている作品だと思います。
その指標の一つとして、あまり登場しないキャラクター名や設定の密度が高い話数があるんです。
具体的に言うと4話とかですね。
まあ、最もその辺りとかは物語が始まって直ぐなのでどの作品でも世界観を説明する為に、色々と説明が多くなるものだとは思います。しかしこの作品では

レイナ、マリアミハエルウォルフガング、アリアと会うことが減るのは少し寂しいが、それ以外は自由度が高まって嬉しさが上回る。

という様にキャラクター名が並んでいて、その中でも線が引かれているキャラクターは作中に頻繁には登場していません。
顕著なのはミハエルとウォルフガングで今現在2話から4話までしか登場していません。これを「世界観がしっかりしている」と取るか、「設定が多すぎる」と取るかで大分意見は変化すると思われますが、ゆっくりと読むことさえできれば好意的に読めるんじゃないかと思われます。

余談ですが、この作品は魔術でアルミニウムは製造出来ても貴金属やダイヤモンドは無理なようです。主人公は卑金属と貴金属という伝統的な区分で分けて考えた様ですが、少し視点を変えるとイオン化傾向が小さく、安定している物質であるから作りづらかったと考える事も可能です。こういった世界観の作品は「もしかしたら」という考察ができて楽しいですよね。

-小説家になろう, 小説紹介
-, , , , , , , , , , ,