「野いちご摘みにはご用心!」を読んだ。

野いちご摘みにはご用心!

作者:名紗すいか
種別:完結済み
ジャンル:異世界〔恋愛〕
掲載開始日:2017年 03月18日 10時31分
キーワード:R15 溺愛 コメディー あまあま キスは拷問 捕虜と言う名の捕獲 わんこ? 執着 ラスト前にちょっと シリアス展開 ハッピーエンド

あらすじ

ジャム屋を姉妹で経営するシュリは、看板商品の在庫切れのため野いちご摘みへと出かける。しかしそこは隣国との境界で戦闘真っ只中。敵軍の捕虜として捕まったシュリに待っていたのは……。
*変態っぽい軍人さんに捕まったしっかり者(?)の長女が溺愛されるお話です。

主な登場人物

  • シュリ(主人公)……ジャム屋を経営しており、ジャムに対して並々ならない情熱を持つ。妹が3人いる。
  • ガレット中将……シュリに一目惚れした将軍。女癖が悪く押しが強い。シュリにはルークと呼ぶよう求めた。所属は主人公が居住している国の敵国。
  • クロッカン大将……ガレット中尉と同じ国に使えるお偉いさん。

紹介・感想

『シュトーレン姉妹の自家製ジャム屋さん』にて販売するジャムを作るために戦時下における入林制限中の森に散歩感覚で侵入したシュリ。

しっかり警戒していつも野いちごを採取するまではよかったが、帰りに敵国の兵隊にエンカウント。

シュリは当然のごとく死を覚悟するが何故かガレット中尉に気に入られ何故かジュネーブ諸条約と比べ物にならない程手厚く保護される。

そして戦争の中での吊り橋効果か、ガレット中将のアタックによる単純接触効果・返報性の原理によるものかは分かりませんが二人は結ばれる事となりハッピーエンドを迎える。といった内容でした。
全十六話の短い作品ではありましたが楽しむことができます。

ちなみにジュネーヴ諸条約及び追加議定書の主な内容における捕虜の待遇は

捕虜については、これを人道的に待遇しなければならないとされており、敵対する紛争当事国の権力内に陥ったときから、最終的に解放され、かつ、送還されるまでの間の取扱いに関して、第3条約に詳細な規定が置かれている。
具体的には、捕虜を抑留する間の宿舎、食糧、被服、医療・衛生等に関する待遇、捕虜の金銭収入(俸給、労賃の支払、補償の請求等)、捕虜の通信・救済品等、捕虜に対する刑罰・懲戒罰の付与などについて規定している。
外務省より引用(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/k_jindo/naiyo.html)

らしいです。

まあこの作品の世界は銃は出てくるものの異世界なので通用はしないです。
それでも現実世界にファンタジーが入り交じったような世界感は自分の好きな分野です。
また、この作品は角川つばさ文庫で出版されているようなストーリーを少し大人向けにした感じでした。

王道をつっぱしった恋愛系の小説が好みの方にお勧めできるよう内容です。全十六話と読み終わるまでさほど時間もかからないの興味を持ったのなら読むことをお勧めします。

-小説家になろう, 小説紹介
-, , , ,