「異世界でもドMを満足させる戦闘(プレイ)はないようです」を読んだ。

異世界でもドMを満足させる戦闘(プレイ)はないようです

作者:枕芸者三郎
種別:連載小説(連載中)
ジャンル: コメディー〔文芸〕
掲載開始日:2017年 03月23日 07時03分
キーワード:異世界転移 ギャグ 男主人公 チート ドⅯ大歓迎 変態 ツタヤリンダ大賞A2 無双?

あらすじ

突然女神によって普通?の高校生『センドウ サトル』は異世界転移に導かれる。理由は様々な人間にいじめられて笑って誤魔化していたサトルに女神が更生のチャンスを与えるため。それに従い勇者として召喚され、それかつ『攻撃を受けるたびにステータスUP』という能力も与えられる。

だがしかし、女神は根本的に勘違いをしていた。サトルは苦笑いをしていたのではなく、マジもんの笑みを浮かべていた、ドⅯであることを。

そして最適性の能力を手にしたサトルは、勇者として様々な戦闘(SⅯプレイ)を、自らの欲求不満解消のために繰り広げていくのだが、いかんせん自らダメージを受けに行くためステータスが上がり過ぎてダメージが入らない......。

果たして、サトルを欲求不満から解消してくれる戦闘(SⅯプレイ)は発生するのだろうか!?

「いや魔王討伐が目的ですから! サトルさんの欲求解消が目的じゃないですから!!!」

主な登場人物

  • センドウ サトル(主人公)……【攻撃を受けるたびにステータスUP】を女神から授かった主人公。
  • 女神……人間臭い女神。どうやら上司がいるらしい。
  • アリシア スカーレット……至って普通だった少女。スカーレット家第二王女。ドS度:██%(推定)

感想・紹介

真性のドMである高校生の「センドウ サトル」は女神に普通の人間と見初められて異世界に降り立った。

女神はその際、主人公が他の人から攻撃される時に笑みを浮かべていたことを感情を抑圧していると誤解し主人公にトラウマ克服・更生のチャンスとして【攻撃を受けるたびにステータスUP】を授けた。

召喚された目的は勇者討伐。

つまるところドⅯに攻撃される正当な理由、打倒魔王の為の方法という旗印を与えてしまった。

主人公は攻撃を受けるたびにステータスが上昇し、その上昇速度は攻撃を上回り体力と防御力が上昇する。

そうして本人はいたって真面目に快楽を得ようと魔王幹部に突撃し、いとも容易く撃破していく。

そんな物語でした。

この作品を書いてるの現役男子高校生らしいです。
個性的です。

-小説家になろう, 小説紹介
-, , , ,