「睡眠男子の異世界行脚 ~眠りあれ~」を読んだ。

睡眠男子の異世界行脚 ~眠りあれ~

あらすじ

草食系睡眠男子たる高校生・赤石赤司は睡眠中に分解されてしまった。異世界の危機を救うため、英雄として派遣されるために。神の領域にてそんな説明を受けていると、世界の危機が向こうの神様の勘違いだと発覚する。元の世界に戻ろうにも存在の痕跡はすでに消去済み。仕方なく交流名目にて異世界へ向かうことになる。お詫び名目で神様からもらったのは睡眠を邪魔されない能力。案内役兼監視役の天使に元世界の知識を搾取されながら、いざ冒険の旅へ――。

作者:
種別:連載小説(連載中)
ジャンル:ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載開始日:2013年 08月01日 10時38分
キーワード:R15 異世界転移 ファンタジー ほのぼの 異世界 高校生 天使 悪魔 睡眠 チート

主要登場人物

  • 赤石赤司 主人公
    趣味は眠ること 英雄が必要とされていない世界に英雄として呼ばれる
  • ゾネ
    女神
  • リーン
    天使 主人公と共に旅をする
  • エイヴ
    悪魔王 外見は十代 封印されてた

感想

主人公は眠ればどんな事が起きても安全に睡眠を行えるという能力を持っているのですが、10秒でどんな傷でも治る自動回帰という能力によってあまり活用される設定では無くなってしまっています。
その代わりに、どんな存在でも少しでもダメージを与えれば睡眠のデバフを与えるスキルは多様されています。
つまるところ、草食系睡眠男子たる高校生と銘打っている割には、主人公の睡眠描写は少なく、どちらかと言うと眠らせる側の人物となっていました。

これは主人公が睡眠に傾倒しておらず、真人間に見えることと、戦闘中に自らを眠らせる為の能力は所持していないために戦闘における睡眠時の絶対の安全として活用できない事から特に意味の無い物となっています。
今後この設定を活かす為には、自らの睡眠を自在に操作できる能力の登場や、死亡時にこの能力が働くか(働くならば回復能力との併用で不死身になる)の明記が必要となると思われます。

(自動回帰は魔力で運用されているため、体の消滅により回復できない可能性あり)

まあ、こんなことを書いていますが相手を睡眠状態にするという能力を活用しての異世界ファンタジーは中々に面白かったです。
気になった方は一度読んでみてください。

-小説家になろう, 小説紹介
-, , , , , , , , , , ,