「lie ー嘘が嫌いな男のついた嘘ー」を読んだ。

lie ー嘘が嫌いな男のついた嘘ー

あらすじ

相手の嘘を見抜く特殊能力を持ち、何よりも嘘を嫌う男は、ある日、愛する妻の嘘に気付く。
妻のついた初めての嘘に、男は猜疑心を強めるが……

※カクヨムにも掲載しています。

作者:湖城マコト
種別:短編小説
ジャンル: 現実世界〔恋愛〕
掲載開始日:2016年 11月05日 21時41分
キーワード:夫婦 嘘 特殊能力

主要登場人物


  • 高校一年生の時に嘘か真かを色で判断できる。

  • 夫の一歳年上。基本嘘付かない。

感想

2,235文字も読みやすい文字数で綴られた感動系の作品でした。

嘘を見抜ける人であれば有るほど、自ら嘘を吐く事に忌避感を抱き、人を信じられ無くなり耐えられなくなったり、性格が歪んでいくといった展開は読心系の作品と通じる所があります。
読心系の作品はアイテムによる読心でそのアイテムを破棄するだけで解決するといった展開もみられますが、この作品は突然能力に目覚めてしまった系の展開のため生きている間はずっと苦しめられるんだろうと思いながら読みました。

全体的に使い古されたストーリーの為、好き嫌いが別れると思います。
まあ、そんな事いってたら小説家になろうの殆どの作品を読むことができないんですけどね。

-小説家になろう, 小説紹介
-, , , ,