努力家のエッセイ「日本人じゃない私の日本語小説書き事」を読んだ。

日本人じゃない私の日本語小説書き事

あらすじ

台湾人の自分は何故日本語小説を書きたいについてのエッセイであります。

作者:倒れた豚カツ
種別:短編小説
ジャンル:エッセイ〔その他〕
掲載開始日:2016年 11月04日 23時08分
キーワード:日本語 ライトノベル 軽小説 小説 アニメ 外国 台湾 自分 私 下手 興味 楽しい

主要登場人物

  • 著者
    台湾で学生をやっている。

感想

私は台湾で学生をやっている『倒れた豚カツ』と申します。
今回、初めてエッセイを投稿いたしますので、どうぞお付き合い下さいませ。
(中略)
基本的な日本語をアニメから少しずつ覚えながら「RE:ゼロから始める異世界生活」を読みました。

始めは難しかったのですが、グーグル翻訳のお陰で、読み進める事が出来ました。

いやー
天才っているんですね。いや、この場合は天才と言い切るのは失礼な様な気がするので秀才と表記するべきかもしれません。
どうやら読んでいくと現在高校三年生(台湾の教育制度は日本と同様 参考)のようで、純粋に書きたいという気持ちだけで極めて上手に日本語を使いこなし、幾つかの小説を書いているようです。
どうやら前には現在投稿されていない作品を執筆されていたらしいのですが、自らの作品が稚拙だと考え得てしまし、削除してしまったようです。
それも読みたい・書きたいといった情熱だけで作品を削除した後もこのようなエッセイを投稿したりとチャレンジをし続けるのは並の精神力ではできないとは思いますし、自分は出来なかった側の人間です。
こういう人を見ていると中国語を学んで見たいとは思うのですが、どうしても自分は(学習意欲以外も)思ってから実行に中々移しませんし、他の事に目移りしてしまいます。

まあ、自虐はこれくらいにしてこの作品の話に戻しますが、作品の本文や感想を覗いてみるとかなり苦労しているようです。
それでも努力し続ける作者様に敬意と尊敬を込めてこの記事を投稿させていいただきます。頑張って欲しいです。

あ、登録して以来接続しなかったhttp://bbs.nekonazo.com に繋がんない。

-小説家になろう, 小説紹介
-, , , , , ,