位置情報ゲームが題材の「位置情報ゲームが流行るはずだよ」を読んだ

2016/11/02

位置情報ゲームが流行るはずだよ

位置情報ゲームが流行るはずだよ

あらすじ

妹に言われて位置情報ゲームを始めることになった高校三年生の一文路一《いちもんじいち》。有名な位置情報ゲームをするはずが間違って変な位置情報ゲームのアプリをダウンロードしてしまう。それは現実の身体能力を変化させたり、魔法やモンスターも出てくるとんでもない位置情報ゲームだった。
そんなゲームを「位置情報ゲームが流行るはずだよ」と驚きながらも受け入れて、今日もゲームを続ける。楽しいことを探すために。

作者:青空 想太
種別:連載小説(連載中)
ジャンル:ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載開始日:2016年 10月06日 15時19分
キーワード:冒険 男主人公 現代 魔法 ゲーム 位置情報ゲーム ダンジョン

主要登場人物

主な設定

スマフロ

  • 位置情報ゲーム
  • 歩いた距離に応じてお金やアイテム、力を得る事ができる
  • プレイヤーにはアプリを通すことで見れる不可視のモンスターが襲いかかるようになる
  • モンスターからは200メートル離れると逃げ切れる
  • 歩かないと距離は加算されない。(おそらくチート不可)
  • 宝箱が様々な場所に配置される
  • 魔弾石 遠距離武器,3km歩くと購入できる

今、世間を圧巻しているボールを投げてモンスターを捕まえる位置情報ゲームを機械オンチの主人公が遊ぼうと、スマートフォンを弄っていたら気づかぬ内に正体不明ななアプリケーションがインストールされていた。
充電していたスマホから火花が出ているのを見た後に起動するアプリを危機感なく受け入れた主人公が歩むちょっとのんきな冒険録です。

現在この作品は26話まで投稿されて、ゲームの設定を主人公が理解でき始めたストーリー展開となっています。予測される今後の展開としては、強敵との戦闘だったり他のプレイヤーとの接触などの話の山場となる展開が待っているはずです。
物語の設定を活かしたハラハラドキドキするような今後の展開を期待です。

蛇足

↓こういう地道な努力を重ねるクリエイティブな努力ができる人になりたい。

-小説家になろう, 小説紹介
-, , , , , , , ,