【小説家になろう】淡い恋物語「愛より昔の✳︎恋の物語」を紹介

愛より昔の✳︎恋の物語

種別:連載小説
ジャンル: 恋愛
掲載開始日:2016年 02月26日 00時02分
キーワード:恋愛 学園 純愛 ラブコメ 親子 甘々 幼馴染 涙 ネット小説大賞

物語を紡ぐのは恋を知らない一人の少女。
夕焼け色に染まる空の下。校舎の屋上で男子生徒に告白されたことにより、止まっていた物語が動き出す。

少女は考える。恋をするということ、人を愛するということを。
当たり前すぎて気付けなかったもの、失って初めて気付くこと。
そして、見失ってしまったもの……

ずっと子供のままではいられない。

これは悩みながらもゆっくりと成長していく、少女の淡い恋の物語です。

主要キャラ

  • 葉月 めぐみ 特徴:主人公,通称メグ,高校二年生の眼鏡っ娘,親友いわく不思議ちゃん,
  • 雨宮悠人 特徴:身長170cmの男子高校生,主人公の同級生,主人公に告白した人,部活動バトミントンを行っている
  • 母 特徴:主人公の母親,150cmくらいの小柄な体型,年齢三十代後半,とても若く見える
  • 父 特徴:主人公の今後の行動を決定づけた重要なアドバイスをする,
  • 桜野亜梨沙 特徴:主人公の友達,彼氏がいる,同級生,スポールに秀でている
  • 宮本徹 特徴:桜野の彼氏,雨宮の友達

内容紹介

この作品は現在「序章」「愛の物語」「初恋の物語」そして「桜の章」が公開されています。
ここでは主人公と「雨宮悠人」の関係性が決定的になった「初恋の物語」までを、章ごとにどんな内容になっているのかを紹介していきます。

序章

4月4日〜
主人公こと葉月に雨宮悠人が屋上で告白します。

主人公はこれまで恋愛相談はされたことがあっても、告白されたこともしたこともないためか雨宮悠人を拒絶しようとして『ごめん、なさい……』と、とっさに言ってしまいます。

しかし、雨宮悠人の悲しむ顔を見て気まずくなったのかすぐに『少しだけ考えさせてください……』と言い考える時間を設けます。

この後に両親や親友の意見や恋愛観を聞いて、序章の最終話「第7話 スタートライン」にて自分の答えを雨宮悠人に伝える。
これで一章が終了します。

愛の物語

4月9日〜
前章では主人公と雨宮悠人の関係が決まりましたが、この章では友人の桜野亜梨沙との付き合いや雨宮悠人のプレイベート、自分の気持ちを整理する主人公が重点的に書かれています。

自分の気持ちを整理する主人公と書いてしまうと具体的ではありませんが、ひとことで言うと他人の恋愛体験談を聞いて参考にしているということです。

初恋の物語

〜主人公が告白された翌年の3月1日

主人公が子供から大人になろうとする章です。

日々の日常の中で、主人公の雨宮悠人に対する気持ちがちょっとづつ変化していくのが面白かったです。

そして最後にはなんと・・・

なぜ、雨宮悠人が主人公を好きになったのかが書かれた「第28話 1年前の出来事 (前編)」と「第29話 1年前の出来事 (後編)」が私のお気に入り。

まとめ

全体を通してゆっくりした淡い恋物語でした。
行動の端々で伺える主人公の頭の良さや、雨宮の優しさが読んでてわかるほどキャラクターの内心が上手に書かれている作品です。
ぜひ読んでみてください。

序章で主人公と雨宮の関係性が『友人』になったのををぼかそうとして、他の章の詳しい紹介が出来なくて悔しい・・・

-小説家になろう, 小説紹介, 紹介依頼
-, , , , , , , ,