【小説家になろう】現代怪異作品「むらさきひめ」紹介

むらさきひめ

種別:連載小説
ジャンル:ホラー
掲載開始日:2015年 02月15日 07時24分
キーワード:怪異 妖怪 ホラー ハッピーエンド 切ない 日本刀 恋愛 感動 シリアス 転生 和風 自殺 都市伝説 ネット小説賞感想希望 ネット小説大賞

「しきめーる」と呼ばれる都市伝説。四回送れば、「死姫(しき)」と呼ばれる少女が迎えに来る。織本耕介は、受験時期の息苦しさから、手を伸ばしてしまうのだ。

死にたい。
死んでしまいたい。
『けれども、それは本当に貴方の願いなのですか?』

あやかしの少女「紫姫(しき)」が紡ぐ、哀しくも、優しいホラー風味幻想譚。
毎日を、一生懸命生きている方。真面目に生きていても、生きづらい方。そんな方々に読んでほしい作品です。

※コンプティーク2015年7月号で、作品紹介されました!
※カクヨム様にても、公開いたしております。内容は、同一となります。

ブックマークして待ってくださる方々、大変に励みになります。ありがとうございます。番外編、あと少し。4月くらいをメドに完結させたく思います。

主な登場人物

  • 紫姫 特徴:セーラー服,シデンを従えている,トランプ,女性
  • シデン 特徴:はかま姿,紫姫に従えられている,男性

六話(「しきめーる」の登場人物)

  • 僕(織本耕介) 特徴:望崎学園の生徒,しきめーる編での視点は大体この人,水無瀬なつみに好意を寄せている
  • 彼女(水無瀬なつみ) 特徴:僕と親しい友人関係にある

内容紹介

それは、とある少女の物語。
これは、彼岸の果てに語られる物語。
いくつもの欠片を拾い集めて、色成す物語。

という書き出しで始まる、現代怪異系作品。

主人公はタイトルにもなっている「むらさきひめ(紫姫)」です。
しかし、肝心の主人公は一話目に出てきたと思ったら四話目まで登場しません。
そうして、物語は怪異に関わってしまった一般人の目線で展開していきます。

ちなみに主な登場人物には書きませんでしたが、一話目では紫姫とシデンが会話している様子が描写されているのですが、五話目(しきめーる4)では謎の白い羽をもった「シロ」という少年が二人と一緒に戦っています。
読み流していれば、いきなり出てきた謎の少年として考えてしまいますが、読み返すとどうやら一話目で既に登場しているみたいです。

他にも、一話目での「色彩の死んだこの世界」という表現と、第五話(しきめーる4)の関係性など伏線であろうと思われる物がいくつも発見できます。

自分は、ここまで緻密で繊細な心理描写と伏線がしっかりしている作品を小説家になろうで今まで読んだことが無いんじゃないだろうかと思う程、素晴らしい作品でした。

しっかりと読んでいないと読み落としてしまう情報が出てしまう為、着実に読んでいくことをおすすめします。

次回予告

明日は同じ作者様の作品を紹介予定です。

本来は二作品同時に投稿する予定だったのですが、
「もうちょっとこの作品の説明も詳しく書ける気がする・・・」とか
今昔物語の妖怪と、この作品の都市伝説の妖怪の違いを書こうとして失敗して、無かった事にしていたら無理でした。無念。

(何故か「むらさきひめ」読んでいて蟲師を思い出しました。
構成が似ているからでしょうか?)

-小説家になろう, 小説紹介, 紹介依頼
-, , , , , , , , , , , , , ,